本日 18 人 - 昨日 584 人 - 累計 369666 人

初手は何?(4)~9手詰~

  1. HOME >
  2. 詰将棋へのアプローチ >
  3. 初手は何?(4)~9手詰~
【初手は何?】と言うテーマでまとめています。


手数が長かったり、持ち駒が多いと「どの駒をどのように使ったら良いか」迷うものです。



今回は、中田章道七段作【9手詰】にチャレンジしてまいりましょう。


【9手詰】中田章道七段作。
持ち駒:桂、歩。
ヒント:初手が肝要な一着。
レベル:5分で1級。10分で3級。
中田9手詰め12.6


※正解は後述します。



※局面図は【激指14】により作図しています。




【7手詰ハンドブック】
ひと目で全問解けるように特訓中!!
7手詰めハンドブック2




将棋は奥が深くて面白い(^^♪

>サークル会員募集【将棋を楽しもう!!】


↓ ↓ ↓


サークルロゴ
画像


【正解】
32角不成(下図)
☖15銀
☗14歩
☖22玉(下図)
☗34桂
☖同金
☗21角成(下図)
☖同玉
☗32銀成
まで9手詰め。

〈先生からの解説〉

初手☗32角成は、☖15銀で☗14歩が「打ち歩詰め」の禁じ手で詰まない。
☗32角不成が正解で、これなら☗14歩と打つ手が成立。5手目☗34桂から☗21角成が決め手となって詰む。




▶☗32角不成
中田9手詰め12.6-1

▶☖22玉
中田9手詰め12.6-2

▶☗21角成
中田9手詰め12.6-3



初手は「打ち歩詰め」の打開策の☗32角不成だったんですね。将棋の妙でしょう。


ちょっと長めの手数の【9手詰】ですが、

初手は、「数多く詰将棋を解く」ことでインスピレーションも湧いたり、経験から引き出しも増えて閃いてくるのではないでしょうか。


ご感想などお気軽にお寄せいただけたら嬉しく思います。
感謝を込めて、お礼の返信をさせていただきます。



ボチボチ、ゆったりと「3手の読み」を生かして、

楽しみながら、ご一緒に棋力向上を目指してまいりましょう。
画像


よかったら、フッターのブログランキングや拍手もポチッとしていただけたら励みになります。
このページはどうでしたか?