本日 571 人 - 昨日 514 人 - 累計 369635 人

初手はどれだ?(2)~11手詰~

  1. HOME >
  2. 詰将棋へのアプローチ >
  3. 初手はどれだ?(2)~11手詰~
今回は、【初手はどれだ?】第2弾、

タイトルのとおり初手に迷わされるかもしれない問題です。

11手と手数は長めでも「詰将棋の玉を詰ます手順」に、割とシンプルにイメージが湧くのではないでしょうか。


将棋は頭の体操で柔軟性が養われるのではないでしょうか。


【11手詰】
中田章道七段作
持ち駒:金、桂。
ヒント:守りの金を取る。
レベル:5分で初段。10分で2級。
中田11手詰め11.2


正解は後述します。






【正解】
☗12金
☖同玉
☗13角成
☖21玉
☗12馬(下図)
☖同玉
☗24桂
☖21玉
☗31飛成
☖同玉
☗32金
まで11手詰め。


先生からの解説


初手☗12金と打ち、☖同玉に☗13角成から☗12馬が好手順。
角消去で☗24桂と打つ手が生じ、☗31飛成で金を取って詰む。




今回の詰将棋では、タイトルに「初手はどっちだ?」と挙げていますが、同時にこの詰将棋は7手詰ではないかと言う疑問を持った方にお答えします。

おいらも疑問を持った一人です。


初手はどっち?
●12金?
●11金?

疑問を持った手順
☗11金
☖同玉
☗31飛成
☖21(合い駒)香
☗23桂
☖12玉
☗13金
まで。

ただ、この手順には穴があった。

4手目☖21香(合い駒)で、☖21桂と置き換えると☗13金では同桂。
また、☗11金では23玉と逃げられてしまう(参考図参照)。


いろいろ指し手の枝葉を考えると将棋の面白さも増すことでしょう。

▶参考図
中田11手詰め11.2参考


▶12馬
馬を取ってくれと強要が好手でしょう。
中田11手詰め11.2-1
このページはどうでしたか?