本日 220 人 - 昨日 315 人 - 累計 212497 人

手順が大切~13手詰~

  1. HOME >
  2. 詰将棋へのアプローチ >
  3. 手順が大切~13手詰~
さて、今回は少々長めの13手詰をご一緒にチャレンジしてみましょう。



詰将棋は、初手はどこから攻めるかが鍵になるでしょうが、それとともに玉を詰ますまでのアプローチで手順も大切になるでしょう。


【13手詰】
中田章道七段作。
持ち駒:飛。銀、桂。
ヒント:桂打ちの場所を作る。
レベル:5分で三段。10分で初段。
中田13手詰め1010


正解は、後述します。


※局面図は、【激指14】により作成しています。



【正解】
☗31銀
☖同玉
☗13馬(下図)
☖同桂
☗41飛
☖22玉
☗14桂(下図)
☖12玉
☗11飛成
☖同玉
☗33馬
☖同歩
☗22金
まで13手詰め。

3手目の☗13馬には驚かされました。
どうしたら、王手をつなげて行けるかを考えていました。

あなたはいかがでしたでしょうか。


▶☗13馬
中田13手詰め10.10-1

▶☗14桂
中田13手詰め10.10-2

ご感想などお気軽にお寄せいただけたら嬉しく思っています(。・ω・。)ノ♡



コーヒーブレイク

今年も残り3か月を切り、年賀状の下準備をそろそろとお考えの方もいらっしゃるでしょうか。
華蔵3-920
このページはどうでしたか?