本日 220 人 - 昨日 315 人 - 累計 212497 人

押し売りで玉を詰まそう~7手詰~

  1. HOME >
  2. 詰将棋へのアプローチ >
  3. 押し売りで玉を詰まそう~7手詰~
今回は、タイトル通り押し売りの一手で「7手詰」を楽しみながら、ご一緒に挑戦しましょう。



将棋イラスト初心者の方には、多少手数が長いので大変かもしれませんが、焦らずゆっくり慣れてもらえれば良いのではと思います。

タイトルがヒントにもなっていますW


かくいう私も、「このホームページを創設した頃は、5手詰に随分悩まされ、頭の体操に良いかな」と続けてきたお陰でしょうか、手数が長くなっても盤上の駒が頭に浮かぶようになってきました。






【7手詰】中田章道七段作
持ち駒:金。
ヒント:両王手で詰み上がり。
レベル:5分で2級。10分で4級。
中田7手詰め10.5



正解は後述します。

※局面図は【激指14】により作成しています。



【正解】
☗14金
☖12玉
☗13金(下図)
☖11玉
☗12金(下図)
☖同玉
☗14飛
まで7手詰み。

初手☗14金と打ち、☖12玉に☗13金が金の活用を図る好手順。


最初に、☗44飛の空き王手が浮かぶが、☖13玉なら☗14飛で詰み。
また、☗44飛で☖33玉なら、☗43金で詰むのだが、どちらも詰将棋のルールでは【早詰み】ということで成立しない。

3手目☗13金に☖11玉から、続く☗12金が押し売りの金が妙手でしょう。


▶☗13金
中田7手詰め10.5-1

▶12金
中田7手詰め10.5-2


いかがでしたでしょうか?

あなたのご感想を楽しみにお待ちしています(^^)/

あなたの棋力アップ向上をを祈っています。

では、ごきげんよう(^_-)-☆
このページはどうでしたか?