本日 220 人 - 昨日 315 人 - 累計 212497 人

3手詰~どちらが詰む?~

  1. HOME >
  2. 詰将棋へのアプローチ >
  3. 3手詰~どちらが詰む?~
さぁ~詰将棋の直感を磨いてまいりましょう。



【3手詰】の問題ですが、将棋講座2017年7月号の別冊で及川拓馬六段による出題です。

3手詰を2問掲載していますが、どちらか1問はは詰みません。

詰む方はどちらでしょうか?



及川六段の「直観力を磨く2択問題」

タイトル通り、直感で詰む方を選んでもらってもよいですし、しっかり詰みを読み切ってから選ぶ方法もよいと思います。

これから、詰将棋を始める方にも手の届く手数です。
もしわからない問題があったら、是非解答を見てください。

様々な詰み筋を知ることで、詰将棋の問題はモチロン、実戦での終盤のひらめきにつながることでしょう。



では、気持ちをリラックスして楽しんでもらえたらと思います。

私からのお節介なヒント:2問の違いは持ち駒の違いです。


直観力
を養うには興味深いテーマの詰将棋ではないでしょうか。

問題(A)持ち駒:銀
3手詰め2017.7



問題(B)持ち駒:金
3手詰め2017-7-1






【正解】(B)
詰みへの手順は、
☗13角成
☖同玉
☗23金
までの3手詰み(下図)。


▶23金まで
3手詰め2017.7-2


初手13角成がひらめけば、あとは決め手の金打ちで詰み上がりです。

☗25香の筋を生かすことがポイントになりますね。

2手目同玉の時に、持ち駒が銀では詰みません。



>サークル会員募集【将棋を楽しもう!!】


↓ ↓ ↓


サークルロゴ


人気ブログランキング

web拍手 by FC2





【格言】
「金はトドメに残せ」が頭に浮かびます。


終盤力をお互い磨いてまいりましょう。

このページはどうでしたか?