本日 220 人 - 昨日 315 人 - 累計 212497 人

将棋はコミュニケ―ション

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. 将棋はコミュニケ―ション
ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、今や将棋を指せない(指さない)方にも将棋ファンがいるんですねぇ。

【見る将】
対局のネット生中継が増えてきて、対局中の棋士がどんなランチ、おやつ、デザートは何を食べているのか?

気になりますよね。

そういうことで、駒の動きや難しい専門用語をはわからなくても楽しめると
【見る将】は人気沸騰中!!。

駒の動きを知らなくても、将棋を指さない方にブームになっているようです。

ただ、解説者の話の内容がわかれば、より将棋の魅力を楽しめるのではと私は思います。

さて、そこで【見る将】のあなたは次の用語はいくつお分かりでしょうか?

■居飛車穴熊

■四間飛車

■定跡

■舟囲い

■美濃囲い

■縛り

次に、これらの用語をわかりやすく解説した書籍をご紹介したいと思います・



私が日頃思うことは、将棋は、コミュニケーションのゲームということです。

イラスト対局2あなたはこう指す

僕はこう指す

という「指し手」には意味があるものです。

感想戦で、この手は良かった、気づかなかったなど相手の手に感心させられることも少なくありません。





「相手の読みをいかに上回るか。」と対局者は知恵を絞ります。

これが将棋の楽しみかと私は思います。

ご家庭で、お子さんが将棋に興味を持っているなら、将棋を全く知らないお母さん、お父さん
も一度お子さんと指してみませんか。

ある将棋教室では「親のための将棋講座」も開催されています。

ご家庭で指せばコミュニケーション効果も膨らむのではないでしょうか。

お子さんとご一緒に将棋教室を覗いてみませんか。

▶将棋教室&道場のご案内




「将棋の森」

「将棋教室など全国一覧」







web拍手 by FC2


人気ブログランキング
このページはどうでしたか?