本日 232 人 - 昨日 315 人 - 累計 212509 人

駒別~角編~

  1. HOME >
  2. 駒の動かし方から初級・中級へ >
  3. 駒別~角編~
角「駒を生かす」というテーマでお届けしています。

今回は、角です。








「角」という駒はいろいろな場面でその特性を発揮します。

代表ともいえる技は、「王手飛車」でしょう。








ただ、良い面ばかりとは限りません。

生の角は坊主に例えれば

「頭が丸い。」

という、桂馬と同じ弱点があります。

角の頭に歩を打たれて逃げ場がないということもありますね。



良い面では、角成で馬に変わったら、強力です。

玉の守りに自陣に馬を引いたら、攻める方も投げ出したくなるほど強靭な守りの布陣を敷くことができます。

いわゆる「自陣角」ならぬ「自陣馬」ですが、このように言われています。

馬の守りは金銀三枚

馬の守りは強力で金銀三枚に匹敵するという。



このように、角は様々な局面で力を発揮しますが、その駒を生かすかどうかは大将のあなたが握っています。

では、角の生かす法として一例を挙げてみます。


角を生かし【先手番】持ち駒:角、金、銀、歩2
右図をご覧ください。

後手は美濃囲いです。この局面から「角の活用」をご一緒に見てまいりましょう。












2角を生かし☗94歩
☖同香
☗91角(右図)









3角を生かし☖同玉
☗93銀(右図)












っという間に堅い美濃玉が詰めろになってしまいました。

恐ろしいですねぇ。

91角と角を捨てて、玉を下段に引きずり込み、

〔93銀〕


どこにこういう鋭い切り込み技が潜んでいるかわかりません。

相手の持ち駒と自分の持ち駒を頭に置いて、絶えず盤面を見つめることが大切ですね。


当初の局面でピンときた方は、実戦でも

何かあると「手が止まる」ことは経験されてきたことでしょう。



小生も僭越ながら、指導対局でも、実戦でも自分が不利・有利を問わず、ここは勝負の分かれ道、何かありそうだとピンときて熟考したことがございます。


このようにヒラメキが上達への道ではないかとお伝えしたいのです。


今回はこの辺でおしまいです。

の威力が伝えられれば幸いです。






yjimageFVO90OG9お父さん思いの優しいお母さんも、可愛いお嬢ちゃん、
そして妹思いのお兄ちゃんも、

家族団らんにどうぞ(^_-)-☆







web拍手 by FC2


人気ブログランキング


最後までお目を通してくださり有難うございました。
このページはどうでしたか?