本日 229 人 - 昨日 308 人 - 累計 187364 人

駒別~飛車編~

  1. HOME >
  2. 駒の動かし方から初級・中級へ >
  3. 駒別~飛車編~
葉月願掛け「駒を生かす」というテーマでお届けしています。

乃木坂46・向井葉月さんとご一緒に将棋を楽しみながら棋力アップしてまいりましょう。












飛今回で最後になりますが、攻めには強力な駒ー飛車です。











駒別飛車右図をご覧ください。

後手は美濃囲いですが、「2枚飛車で追われる夢を見た」と恐れられるくらい、不安な状況です。

いま、先手が〔12飛〕と飛車を下した局面です。

持ち駒は、双方ありませんが、この一手が後手には強烈な手になります。

何処が強烈かは、初心者向けにこれから説明してまいります。


すでにピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、

このような局面でピンときた方は実戦でも同様に、

こうした局面で、「何かある」と「手が止まる」ことは経験されてきたことでしょう。



小生も僭越ながら、指導対局でも、実戦でも自分が不利・有利を問わず、ここは勝負の分かれ道、何かありそうとピンときたことがございます。

例題は易しかったかもしれませんが、こうしたヒラメキが上達への道ではないかとお伝えしたいのです。




正解をお示ししましょう。〔94歩〕と逃げ道を作ったとしても、〔61竜〕で後手玉に延命の策はないでしょう。

つまり、冒頭の局面では、〔12飛〕と指された時点で勝負はついているのです。



駒別飛車2仮に、☖71金と後手が指しても、
☗同竜
☖同玉
☗62金
以下、寄せられてしまいます(右図)。










わかりやすく「持ち駒をなし」に設定しましたが、いかがでしょう。

2枚飛車の威力が伝えられれば幸いです。





yjimageFVO90OG9お父さん思いの優しいお母さんも、可愛いお嬢ちゃん、
そして妹思いのお兄ちゃんも、

家族団らんにどうぞ(^_-)-☆







web拍手 by FC2


人気ブログランキング


最後までお目を通してくださり有難うございました。
このページはどうでしたか?