本日 220 人 - 昨日 315 人 - 累計 212497 人

駒別~桂編~

  1. HOME >
  2. 駒の動かし方から初級・中級へ >
  3. 駒別~桂編~
桂馬「駒を生かす」というテーマでお届けしています。












駒を生かす桂今回は、桂です。
右図をご覧ください。

先手から〔74歩〕と指され、後手の桂がとられそうな局面です。

次の図で、後手は当然、〔85桂〕と逃げますが、この続きは次の図で、お話しします。



は、実に役立つ駒です。
それは、桂という駒の動きの特徴にあります。

ただ、相手に渡ると、しっぺ返しをされる危険に見舞われます。








2駒を生かす桂桂馬の跳ね違い
と呼ばれる局面で、先手から73歩成とされると、後手は窮地に追い込まれてしまいます。


このように、1間飛びの桂ですから、「美濃囲い崩し」や「王手・飛車取りの両王手」など、様々な活用法があります。

また、囲碁でも、石を一間に飛ぶ打ち方を【桂馬】と呼んでいます。


良い面ばかりではありません。

格言にも、

桂馬の高飛び歩の餌食

ご存じの方も多いのではないでしょうか。


桂馬も、角もお坊さんと同じで頭が丸い。


一手に気をつけたいですね。


香や歩と同様に、使い方次第で威力がある桂も、三段目(相手陣内)に
駒が進むと「成金」にするか、そのまま「桂」として生かすか、選択を
求められますね。



ましいところです。


こういう局面が思案のしどころで、将棋の奥深さを痛感しています。



桂の実力の一例をお示ししましたが、ご理解いただけたかと思います。

様々な局面で「桂」という駒の特性を生かして、将棋を楽しみながら上達していただけたらと思います。



各地で梅雨が明けましたね。

いよいよ本格的な夏本番です。

水分補給にこちらはいかがでしょうか?

羽生流詰将棋熱血お父さんも、お父さん思いの優しいお母さんも、可愛いお嬢ちゃん、
そして妹思いのお兄ちゃんも、

ティータイムにどうぞ(^_-)-☆











web拍手 by FC2


人気ブログランキング


最後までお目を通してくださり有難うございました。
このページはどうでしたか?