本日 568 人 - 昨日 514 人 - 累計 369632 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

叡王戦段位別予選八段戦~稲葉陽八段

今日もお越しくださりありがとうございます。


ブログランキングや拍手にポチッとしていただきありがとうございます。

大いに励みになっています。

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いしたいと思います。



今回は、将棋フォーカスで講師を務めてお馴染みのNHK杯準優勝者・稲葉陽八段に注目してみたいと思います。




開始日時:2020-11-05 14:00
棋戦:第6期叡王戦段位別予選八段戦
先手:稲葉 陽 八段
後手:中田 功 八段
手合割:平手
場所:関西将棋会館
持ち時間:1時間
消費時間:99▲43△50
戦型:三間飛車


▶44手目55歩
両者の玉の囲いは、先手は金銀4枚のアナグマ。いやになっちゃいそうですが、後手は積極的に仕掛けました。
画像

▶53手目53歩打ち
中盤の選択が難しい局面へ進んできました。
53手目53歩打ち



画像Shogiui解析による最善手
▶最善手:☖53同金。
おいらなら、☖22飛と転回するでしょうか。
画像


次の一手


▶☖68手目46角成まで。先手番。
あなたならどおする?

画像


▶最善手:69手目☗52歩成
おいらには気づきにくいかなぁ( ^ω^)・・・

画像


本局を通しての解析
悪手:先手0、後手1。
両者ともに素晴らしい(*^^*)
画像



【棋譜】
初手から終局までごゆっくりどおぞ(^^♪
▲稲葉 陽 八段 vs. ▽中田 功 八段



99手を持ち、先手・稲葉八段が勝利しました。

激戦の中でおいらには素晴らしい将棋の技を拝見させていただきました。

稲葉先生、次の菅井八段との対局も楽しみにしています。頑張ってください!!


画像





コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):