本日 27 人 - 昨日 584 人 - 累計 369675 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

実戦【次の一手】~NHK杯将棋トーナメント

きょうもお越しいただき有難うございます。


多くの方がブログランキングや拍手を下さり励みになっています。





今回は、NHK杯将棋トーナメントから「次の一手」をご一緒に考えてみたいと思います。


この一戦は、後述する棋譜のとおり200手を超す長手数で屋敷九段が勝利しています。

ただ、次に記述する【次の一手】局面では、山本四段に勝ち筋があったそうです。

どんな手があるのでしょうか?探ってみましょう。



放送日:2020年8月23日
先手:屋敷伸之九段
後手:山本博志四段



【次の一手】
先手69玉まで。
後手番。
「次の一手」とはしていますが、詰みがあるそうです。
できたら、お越しのみなさんには「詰み」を発見してほしいですね。

画像



絵文字、或いは絵文字片手にゆったり気分でどおぞ(^^♪

画像





【正解】


☖79金打ち
☗59玉
☖48歩成
☗68玉
☖78金
☗同角
☖77桂成(下図)
☗69(又は79)玉
☖78成桂
まで9手詰め。

5手目☖78金が好手でしょうかね。


<図>
画像


※おいらのショボショボな独自の目線での読みで、予め正解を承知している訳ではないのでご承知願います。

他に詰み手順を見つけたという方は、お気軽にコメントやご感想をお寄せいただければ嬉しく思います絵文字

なお、次にShogiguiによる解析を掲示します。


王将3


Shogiguiによる解析
▶最善手:79金打ち。
本譜は☖75馬でした。

ああ~
この一手が勝ちを逃した。


195手目最善手79金打ち



【棋譜】
初手から終局までごゆっくりお楽しみください。
▲屋敷 伸之九段 vs. ▽山本 博志四段



勝利した屋敷九段には拾いものでした。粘りの勝利と言えるでしょう

一方、山本四段にとっては大変悔しい将棋になりました。




葉月ちゃんも1級という高い目標に立ち向かい、頑張っています。

葉月ちゃんに負けないよう、精進して腕を磨いてまいりましょう。


画像



最後までお目を通してくださり有難うございました。





コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):