本日 25 人 - 昨日 584 人 - 累計 369673 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

棋聖戦一次予選 ~三枚堂達也七段

きょうもお越しいただきありがとうございます。


棋聖戦1次予選トーナメントから三枚堂七段と小林七段の1局を棋譜と解析で振り返ります。



開始日時:2020-05-31 14:00
棋戦:第92期ヒューリック杯棋聖戦一次予選

先手:小林 宏 七段
後手:三枚堂達也 七段
場所:東京・将棋会館
持ち時間:1時間
消費時間:74▲60△31
戦型:矢倉


▶29手目☗24同角
角交換はどちらに有利になるんでしょうか。
飛車先の歩が切れるのは先手には得かな。
画像

▶52手目☖86桂打ち
後手に歩があれば、☖98歩を先に打って☖桂打ちでしょうね。
一歩千金ですね。
52手目86桂打ち

▶61手目15歩
Shogiguiによると悪手と言う指摘。
先手にとって唯一の悪手でした。
悪手15歩

最善手は、☗82歩打ちと分析しています
おいらには☖87歩成が気になるところです。だから82歩打ちなんですね。
最善手☗82歩打ち

悪手:先手1。後手0(疑問手0)。
三枚堂先生スゴ過ぎねぇ。
棋聖戦1次予選三枚堂解析

では、今後の展開は次の【棋譜】からどおぞごゆっくりして行ってください。


【棋譜】
▲小林 宏 七段 vs. ▽三枚堂達也 七段



三枚堂七段は、74手で小林七段を倒しました。
次の1戦も頑張ってください!!

<棋聖戦1次予選トーナメント>
棋聖戦1次予選トーナメント



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):