本日 277 人 - 昨日 431 人 - 累計 298159 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

棋王戦予選~ 佐々木勇気七段

きょうもお越しくださり有難うございます。


棋王戦予選から佐々木勇気七段の対局を棋譜並べで振り返ります。



開始日時:2020-05-19 10:00
棋戦:第46期棋王戦予選

先手:佐々木勇気 七段
後手:佐藤秀司 七段
場所:東京・将棋会館
持ち時間:4時間
消費時間:101▲235△215
戦型:中飛車



▶65手目56銀打ち
どういう意味があるのでしょうか?おいらには未熟でわかりません。
そこで、Shogiguiによる解析に頼ります。
65手目56銀打ち


◆Shogigui解析
互角という評価でしたが、疑問手?でした。
疑問手60手目56銀

▶92手目57角打ち
アッと驚く鬼手か?
92手目57角打ち

◆Shogiguiによる解析

疑問手?でした。悪手とまでは言い切れないようです。
疑問手92手目57角打ち

最善手は☖86歩成。
ただ、☗同銀、☖86歩打ち☗98銀を読んでいて、これは堂々巡りではないですか。
おいらにはますますわかりません。
92手目87不成最善手

素人にはわかりにくい将棋のようです。


◆棋譜解析
悪手:先手0.後手1。
棋王戦佐々木勇気解析





【棋譜並べ】

▲佐々木勇気 七段 vs. ▽佐藤秀司 七段


何はともあれ、101手で勝利した佐々木七段は、予選突破を目指し次は西尾七段との対局です。
頑張ってください(^^)v

応援しています!!
次の扇子(「日進月歩」佐々木勇気五段当時)は【将棋の森】の大会で優勝した時、高橋和女流三段からいただいた記念品。
日進月歩


棋王戦予選トーナメント佐々木勇気


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):