本日 22 人 - 昨日 584 人 - 累計 369670 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

第51期新人王戦トーナメント戦

きょうもお立ち寄りくださり有難うございます。



今回は新人王戦ベスト16から池永天志四段と古賀悠聖三段の対局を棋譜並べとともに解析してご案内させていただきます。



棋戦:第51期新人王戦トーナメント戦
先手:池永天志 四段
後手:古賀悠聖 三段

場所:関西将棋会館
持ち時間:3時間
消費時間:141▲177△179
戦型:矢倉


▶36手目43金
最近の戦型は相掛り、角換わり腰掛け銀が流行で、本格的な矢倉が何か新鮮に見えます。

ドッシリした安定感がある横綱相撲を見ている感じがしてきます。
池永36手目43金

▶78手目13同香
先手の狙いはおわかりでしょうか。
「次の一手」を考えてみたい局面ですね。
池永76手目13同香

▶77手目44銀
77手目44銀


■Shogiguiによる解析
最善手:☗44銀
久し振りに角を絡めた端攻めの戦術に将棋の面白さを改めて味わうことができました。

これも一種のスズメ刺しかな。
池谷最善手44銀






【棋譜並べ】
初手から終局までごゆっくりお楽しみください。
▲池永天志 四段 vs. ▽古賀悠聖 三段



本局を141手で勝利した池永四段はベスト8進出です。


<トーナメント表>
51期新人王戦


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):