本日 26 人 - 昨日 584 人 - 累計 369674 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

順位戦C級1組8回戦 ~佐々木勇気七段~

きょうもお越しくださり有難うございます。


順位戦も佳境に入ってまいりました。

佐々木七段は、7回戦まで6勝1敗。

ほかに1敗の棋士が2人並んでいて、7連勝中でトップを走る藤井七段の勝敗も気になるところでしょうが、先ずは、目先の対局に勝つことが先決になってきますネ。


今回は、その8回戦を振り返り、棋譜解析してまいりたいと思います。



開始日時:2020-01-14 10:00
棋戦:第78期順位戦C級1組8回戦

先手:西尾 明 七段
後手:佐々木勇気 七段
場所:東京・将棋会館
持ち時間:6時間
消費時間:86▲354△353
戦型:角換わりその他


▶32手目☖33角打ち
手堅いというのか、これは単に2筋を守った手ではないでしょうねぇ。
画像

▶70手目49角打ち
この手がShogiguiによると疑問との分析のようで・・・
画像


shogiguiによる分析
▶最善手:27角打ち
角が成る位置を重視しているように見えます。
☖27角打ち☗26飛☖49角成
画像

悪手:先手2。後手:0.
疑問手:先手3。後手:3
画像




【棋譜並べ】

▲西尾 明 七段 vs. ▽佐々木勇気 七段



本局で勝利した佐々木七段は1敗を堅持しました。

ただ、同じ1敗で並んでいた冒頭の二人(及川六段、石井五段)も勝利して1敗(7勝1敗)を守っていますので死闘はまだ続いてまいります。

なお、B級2組への昇級者は2名と規定されています。

C級1組成績表



<岡崎城五万石将棋まつりー2019年4月>
記事はこちら
画像


では、次回。佐々木七段の勝利を祈って、ごきげんよう(^_-)-☆


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):