本日 581 人 - 昨日 514 人 - 累計 369645 人
  • 記事検索

  • Share
  • 投書箱
RSS

王将戦挑戦者決定リーグ戦 ~藤井聡太七段vs広瀬章人竜王~

きょうもお越しくださり有難うございます。


この決戦で渡辺明王将への挑戦者が決まる一大決戦。

最年少タイトル挑戦者が誕生か?

と、将棋ファンが注目していた藤井聡太七段の対局を「棋譜並べ」で振り返ります。




開始日時:2019-11-19 10:00
棋戦:第69期大阪王将杯王将戦挑戦者決定リーグ戦

先手:藤井聡太 七段
後手:広瀬章人 竜王
場所:東京・将棋会館
持ち時間:4時間
戦型:矢倉


▶51手目☗72歩打ち
この辺りまで下記の棋譜解析でもほぼ互角との診断ですが・・・。
51手目72歩打ち

▶91手目43金打ち
分析では、本譜92手目☖22玉のところ、☖同金、☗同銀成、☖同玉、☗83飛成、☖73金打ちで互角と診断しています。
91手目43金打ち



▶110手目☖69飛車成
ここで、☗57玉と指していれば、解析では勝勢と診断しています。

時間に追われて迷ったかもしれません。
110手目69飛成




【棋譜解析】

藤井110手目69飛成

【解析結果】
悪手(?):先手2、後手2
疑問手:先手1、後手4
王将戦藤井広瀬解析結果



【棋譜並べ】
再生して初手から終局までお楽しみください。
▲藤井聡太 七段 vs. ▽広瀬章人 竜王


いやぁ、惜しいなぁ。
藤井七段は勝てていたんだよなぁ。

遠山雄亮六段はこの一局を振り返り、このように解説しています。

「時間に泣いた。」


順位戦では、6連勝中の藤井七段。来月の7回戦に向けて、気持ちを新たに全勝目指してがんばってください。


インフルエンザが流行っていますから体調管理にお気をつけてください。

では、ごきげんよう(^_-)-☆


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):