本日 236 人 - 昨日 315 人 - 累計 212513 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

障害者支援センターで実戦

きょうもお越しくださり有難うございます。


多くの方がお立ち寄りいただき感謝しています。


猛暑の夏の影響か?この頃気温が30度以下に下がっても頭がのぼせるような感じで頭が重い気がします。

そんな体調の中、支援センターで将棋を指す機会がありました。


次の局面で、あなたならどんな構想を浮かべますか?
候補手を3個挙げてみました。

振り駒で先・後を決めました。
■先手:小太刀
■後手:利用者さん
■手合い:平手
■戦型:相振り(中飛車)


先手の立場で考えて見てください。


【次の一手】
持ち駒:先手 香、歩。
    後手 香、歩。
後手陣の囲いは、美濃囲いでしっかりしています。

後手25桂まで



<候補>
A)16歩打ち
B)26香打ち
C)75歩


「・・・れば、」
「・・・たら、」
は感心しませんが、後手の布陣が気になっていました。
1筋で、歩を交換し、香も交換しただけでは後手は不満足でしょう。


より強い布陣にしたいところですね。

欲を言えば、角と飛車が活用できれば強力な態勢になるでしょう。

でも、これだけしっかり指せる方は支援センターではそう滅多にお会いできません。

私が勝ちましたが、勝ったから喜んでいるのではありません。

しっかり指してくれた方との出会いが嬉しいんです。


正解はあえて載せませんので、ご了解いただきたいと思いますが、あなた自身で求めてくださればよろしいかと思いますね。



将棋は勝つことに執着せず、勝つために一手を大切に、そして

将棋は楽しくがモットーの小太刀です。


コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):