本日 319 人 - 昨日 305 人 - 累計 195147 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

将棋サロンで実戦~「次の一手」続き~

きょうは戦終記念日。

先の大戦で亡くなられた多くの兵士、国民に哀悼の意を表します。



1キャプチャ折り鶴



さて、一昨日に投稿した記事【将棋サロンで実戦~次の一手~】の続きになります。


ょうもお越しくださり有難うございます。


お手数をおかけしていますが、アンケートにご協力くださり有難うございます。

まだ始めたばかりですが、将棋フォーカスや詰将棋などに関心があるようですね。
有難いことです。




今回、私の実戦から【次の一手】の続きです。

あなたのご感想をお伺いしたいと思います。


先手:小太刀
後手:初手合いのXさん(高段者、三段以上みたい?)
手合い:平手
戦型:中飛車



<前回の局面>
あなたなら次の局面で、どのような構想で臨みますか?

▶☖73桂まで。
後手73桂まで


<私が指した一手>
▶☗75歩

でした。


ということで、前回の続きになりますが、


上の局面から【次の一手】の狙いは、桂が手に入れば、
☗3四桂の角・金両取りの一手でした。
先手34桂打ち




ただ、この手に〔74歩〕もあって迷いました。

感想戦でも、この〔74歩〕に注目されていましたが、先を読んでみると、
☖同歩なら、当然の☗63銀の割打ちで、金が盤上から消えると先手の飛車先も通り、先手が優勢になりますが、

☗74歩☖63金
と寄られた場合、「次の手が難しい。」という声も聞かれました。



▶☗34金打ち(下図)
☗34桂打ちから、☖44角☗42桂成☖同玉☗34金と進み、後手の玉の囲いが薄くなり、角取りもあって後手は苦しいでしょう。
34金打ち


先手を握ることを重視した一手でしたが、
あなたのご意見・ご感想をお気軽にどおぞ(^^♪



※局面図は、【激指14】で作成しています。




将棋って面白い(*^▽^*)



>サークル会員募集【将棋を楽しもう!!】


↓ ↓ ↓


サークルロゴ

web拍手 by FC2



最後までお目を通してくださり有難うございました。


またのお越しを楽しみにしています。ごきげんよう(
^_-)-☆



コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):