本日 127 人 - 昨日 259 人 - 累計 186954 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

武者修行~「次の一手」続編2~

きょうもお越しくださり有難うございます。


前回の「次の一手」の局面は次のとおりでした。

次の一手はいかがでしたでしょうか?

前譜【54金】まで。
<再掲>
50手目54金

私が指した手は、金の両取り〔63銀〕です。

ただ捨ての銀に見えますが、


三手の読み

で同金なら、72銀の割打ち。

前譜〔54歩〕の垂らしが生きました。

後手は、この銀を取らずに53金。

先手は72銀成で飛車・桂両取りに。

飛車は当然ながら逃げましたが、桂を手にして、飛車・銀交換から、飛車と銀・桂の2枚替えになりました。

私の構想は、後手は壁角なので指せると思っていました。


では、引き続いて次の局面は「詰めろ・金取り」になっています。

あなたご自身でご確認いただけたら幸いです。

▶115手目42銀打ち
115手目42銀打ち



では、今回で武者修行の1局も最後です。

初手から終局まで通して、次の【棋譜ファイル】でご確認いただければと思います。



【棋譜ファイル】
▲k vs. ▽H


この日、塚田恵梨花女流初段と中村真梨花女流三段がいらっしゃっていました。

お二人で時計を使って指していましたが、研究熱心ですね。

この武者修行を3回にわたりお付き合いしていただき有難うございました。

自戦記の形で記述してまいりましたが、ご感想、ご意見など楽しみにお待ちしています。


令和の時代も引き続き【小太刀の迷手】をお引き立てのほどよろしくお願いします。


では、ごきげんよう(^_-)-☆


コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):