本日 129 人 - 昨日 259 人 - 累計 186956 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

師弟対決でこんなことが~

昨日は、大変な、且つ貴重な対局と巡り会いました。

将棋界の史上初、師弟対決で千日手。

これは、どちらが応じたことになるのでしょうねぇ("^ω^)・・・

ニュースはこちら

さて、千日手になると、30分休憩を挟んで、先・後を入れ替え、持ち時間は引き継がれるので、残り時間が持越しされ再戦となりますが、さて・・・。

杉本62玉では、その再戦の対局をどおぞ。
後手杉本七段が四間飛車で始まりました。

















藤井34歩角引きが巧妙な一手ではないでしょうか。
〔86歩〕が見えています。

それとともに、☗35歩~☖同歩~☗34歩が厳しい。














>>>棋譜ファイルにより再現しています。

初手から終局までお楽しみください。
▲藤井聡太 六段 vs. ▽杉本昌隆 七段



もう師匠を越えたのではないでしょうか。

私にはそのように映ってまいります。

みなさんのお声を楽しみにしています。

C級1組のご活躍を期待されます。

web拍手 by FC2


人気ブログランキング

| 00:31 | 未分類 | コメント(0)

コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):