本日 151 人 - 昨日 308 人 - 累計 187286 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

第66期王座戦2次予選~藤井聡太六段vs畠山鎮七段

いつもお越しくださり有難うございます。

最年少記録「六段昇段」を塗り替えた藤井六段ですが、
今回は第66期王座戦2次予選から棋譜を振り返ります。

トーナメント表は右のとおり、藤井六段は5組で畠山鎮六段との対局です。66期王座戦2次予選


開始日時:2018_02_23 10:00
棋 戦:第66期王座戦2次予選
先 手:畠山鎮七段
後 手:藤井聡太六段
場 所:関西将棋会館
持ち時間:5時間
戦 型:矢倉



後手〔43金〕34teme43kin
矢倉の同形で進行するかと思っていたら、32金を動かしてきた。思い浮かべません。コメントが難しいなぁ(*_*;














先手〔45歩〕。このタイミングで仕掛けてきた。35teme45fu















棋譜ファイルにより再現しています。
再生ボタンを押すごとに駒が進みます。
▲畠山鎮 七段 vs. ▽藤井聡太 六段



本年度、藤井六段は本局を含め、このような記録を打ち立てています。

すでに皆さんご承知かと思いますが、部門別にあらためてご案内します。

輝かしい記録ばかりです。

リストクラウンイラスト対局数:68

リストクラウンイラスト勝ち数:57

リストクラウンイラスト勝率:0.838

リストクラウンイラスト連勝:29


藤井六段の活躍がますます楽しみですが、

その中でも、3月8日師弟対決。そして同月15日の全勝をかけた順位戦C級2組・三枚堂達也五段の一戦でしょうか。


web拍手 by FC2


人気ブログランキング

| 00:24 | 未分類 | コメント(0)

コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):