本日 239 人 - 昨日 310 人 - 累計 197271 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

実戦譜から検討~次の一手~

きょうもお越しくださり有難うございます。

今回は、将棋道場での対局から次の一手をみなさんと一緒に考えてみたいと思います。


手合い割り:平手
先手:私
後手:初段さん

私が序盤から香得をしています。

この対局では、駒得して有利な展開に安心したのが災いしたのか、この先の応手を間違えて負けてしまいました。

油断大敵  安心したらいかんぜよ

という戒めです。

最後まで、

寄せ切る

勝ち切る

強い気持ちが大切ですね。


相手はたぶん劣勢を意識していますから、必死で挽回しようとしてくることが考えられます。

その気持ちに負けないように保つことが肝心でしょうね(^_-)-☆





では、本題の「次の一手」はいかがでしょうか?

後手85桂まで(1)後手〔8五桂〕まで。

思い浮かぶ手を3手挙げてみました。
❶8六歩
❷4六歩
❸8三歩成り










先手72角打つまで(2)手を進めた局面で先手〔7二角打つ〕まで。
思い浮かぶ手を3手挙げてみました。

❶6二飛
❷8八歩
❸6四飛











後手77桂成りまで(3)手を進めた局面で後手〔7七桂成り〕まで。

思い浮かぶ手を3手挙げてみました。
❶9四香 後手の飛車を取る
❷6六飛 目の上のタンコブ的存在の後手の歩を解消
❸9八飛 一旦端へ回り、その後飛車を取る








激指14で検討しました。

まず、本譜では先手が〔9五香〕と指していますが、これは〔9五歩〕が最善手に挙げていました。

次に、局面(3)では、最善手を〔6六飛〕としています。

>この状況での分析では次の通り、先手が若干優勢(左下:検討図)のようです。
激指14分析後手77桂成りまで。







>初手からどおぞ。
▲自分 vs. ▽初段さん




要所を掴む勘所を養っていきたいと思います。

ご感想をお気軽にお寄せください。

お待ちしています。


最後までお目を通してくださり有難うございました。


web拍手 by FC2


人気ブログランキング


コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):