本日 234 人 - 昨日 281 人 - 累計 186259 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

詰めろ逃れ~次の一手~

いつもお越しくださり有難うございます。


タイトルの「詰めろ逃れ」の話へ行く前に、

詰めろとはどんな意味かを確認してみましょう。

詰めろとは「次の一手で玉を詰ませますよ。」ということでしたね。


ただし、詰めろ逃れの手があれば、

詰めろ

は解消します。


これを「詰めろ逃れ」と呼びます。

今回は、先月、「詰めろ将棋」というタイトルで投稿していますので、その関連で
森信雄七段の「詰めろ将棋」(下記書籍)から、


詰めろ逃れを見てみようと思います。


また、詰めろ逃れの手が「詰めろ逃れの詰めろ」になったりもしますが、
別の機会に譲りたいと思います。



「詰めろ」も「王手」同様に、相手に知らせる必要は
全くありません。


ただ、親しい仲間同士で、詰めろをかけた方が「『詰めろ』だよ。私の玉を詰ましてごらん。あなたの玉は一手で詰みますよ」

と、(内心では自信たっぷりに胸を張って)言うこともあります。

(『詰めよ』と言う方もいらっしゃいますが、「私の玉を詰ましてくださいよ」という勝利の宣言に近い意味を持った言葉で意味は、同じです。)


詰めろは、必死とは違いますから、

知恵を絞って、頭をひねって、あなたのたくさんの引き出しから詰めろを
逃れる手が見つかれば、詰みになることはないのです。

ですから、考え抜いて、自信たっぷりな相手をへこましてやりましょう。



痛快ですよね(^_-)-☆


では、森信雄先生の「詰めろ逃れ」の問題から次の一手を

一緒に考えてみましょう。





165詰めろ逃れ難易度が〔☆3個/5個中〕ですが、玉のスペースは狭いですから、正解を求めやすいかなと思います。

正解は最下部で。

【持ち駒】
先 手:金、銀
後 手:金、銀

ヒント:まずは、詰めろがかかっている状況ですから、
どのような手で詰みがあるのかを探ることから始めましょう。





先手は、後手から〔2八金〕と打たれると一手詰みになりますね。

この状況が前述の『詰めろ』ですから、これをを解消するための対策を考えるのが

「詰めろ逃れ」です。


実戦では、一手の余裕があったら勝っていたということは
数多く経験されているのではないでしょうか。

この「一手の余裕」を生み出すことが勝負には重要になりますので、


よく聞かれる、

一手違いです。

一手遅かったと悔しがっても仕方ありません。

相手の方が上回ったということで、教わったと思えばよろしいのでは
ないでしょうか。


たとえ負けても、是非モチベーションを保ち、次に向けて頑張って
ほしいですね。

あなたのこの努力は裏切りませんよ。

応援しています。




     




      なるほど


正解:3九銀
〔3九金〕では、何故いけないのかな?

その答えをお分かりの方、そうでない方も是非お気軽にコメントしてください。
楽しみにしています。

お互い棋力アップを目指して頑張りましょう(^^♪



web拍手 by FC2

人気ブログランキング


コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):