本日 308 人 - 昨日 322 人 - 累計 176166 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

飛車香落ち~定跡~

本日もお越しくださり有難うございます。

この3日間にわたり、昨日まで『81Dojo』実戦譜から初めて全手数を掲載しましたが、いかがでしたでしょうか。

棋譜の一覧は見やすかったでしょうか?

当然ながら皆様のレベルや目標も様々かと思います。

お節介乍ら自分の引き出しから順次すべてを綴って、棋力アップのヒントになるようなお手伝いが出来たら幸せと、このような気持ちで今後も続けていきたいと思っています。

よかったら、皆様のご意見・ご感想をお待ちしています。





では、本題に入ります。

手合い割り駒落ちは、棋力の差をハンディキャップを設定して対局することを「駒落ち」といい、上位者の駒の一部を取り除いて対局します。

将棋は、以前にも記述しましたが、上位者に運で勝てることはほとんどないからです。

はっきり棋力の差が勝負に表れますから、道場でも駒落ち戦がよく行われることになります。

では、下手はどのように対局に臨んだらいいのでしょうか?


私流では、上手の指し手から狙い読みを掴むことが重要と思っています。

これは、平手でも共通することですが、駒落ちでは次に紹介する本を熟読しながら、実戦で生かすことでしょうね。

繰り返すうちに、自然と身について、勝てるようになりますよ。


とはいえ、初めは、負けが混むかもしれません。

でも、

あなたが精進を重ねるうちに、仮に4枚落ちとしたら2枚落ちへと確実にあなたの棋力が上がってきます。

例え、惨敗したとしても「継続は力なり」

駒落ちは修行の場です。

平手の様々な局面で、相手の狙いを察知することや手作りできっと生かされますよ。


※【手合い割り】の基準を日本将棋連盟から参考に右上に掲載しました。



駒落ちは、上手の弱いところ(駒の数が少ないところ)を突くことで有利な展開につながると思います。

例えが失礼かもしれませんが、高校野球のチームがプロ野球のチームと戦うくらい試合になりません。

ですから、ハンディをつけるのです。


4枚落ちであれば、

飛車・角・桂・香

を落としますから、

上手も内心はしんどい戦いのはずです。


上手はつらい、しんどい気持ちでいることを忘れず、積極的に自信をもって向かってほしいと思います。

必ず勝てるようになります。応援しています。

途中、途中で、「平手」の対局も混ぜるといいですね。

2枚
落ちで勝てるようになれば、実力も着実に備わってきたと言えるでしょう。

   **************☆★☆*********



では、本題の「飛車・香落ち」から学んでみましょう。


テキストは、「駒落ち」定跡から評価が高い

『【決定版】駒落ち定跡』(所司和晴著)にしました。
     



さわり部分ですが、一緒に見てみましょう。

開始日時:2017/09/25 11:05:151-1飛車香落ち
手合割:飛香落ち
下手:自分
上手:
手数----指手---------消費時間--
1 3四歩(33) ( 0:39/00:00:39)
2 7六歩(77) ( 0:03/00:00:03)
3 4四歩(43) ( 0:05/00:00:44)
4 1六歩(17) ( 0:03/00:00:06)






5 4二銀(31) ( 0:08/00:00:52)1-2飛車香落ち
6 1五歩(16) ( 0:03/00:00:09)
7 4三銀(42) ( 0:04/00:00:56)
8 1八飛(28) ( 0:05/00:00:14)
9 6二玉(51) ( 0:17/00:01:13)
10 1四歩(15) ( 0:05/00:00:19)
11 同 歩(13) ( 0:04/00:01:17)
12 同 飛(18) ( 0:04/00:00:23)
13 1三歩打 ( 0:06/00:01:23)
14 1八飛(14) ( 0:07/00:00:30)

下手は、歩の交換から「一歩」を手に入れました。

後々(のちのち)、この「一歩」が手作りの妙手につながっていくことになりますが、

この先は、同書籍で確認をお願いします。

「8枚落ち」から「香落ち」までを解説しています。



記事女流スーパーサロンでも、「飛車落ち」ですが、
【飛車香落ち】の手筋を取り入れていますので、参考になるかと思いますから
良かったらどおぞ(^^)/

相手の狙いが理解できれば、さらに腕が磨かれることでしょう。


健闘を祈っています。


web拍手 by FC2


コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):