本日 239 人 - 昨日 308 人 - 累計 187374 人
  • 記事検索

  • Share
RSS

将棋ウオーズ~その2~

<前回までの局面>
☖5四歩まで。

序盤に、後手だけ2歩を持たれ、自分に歩を駒台に持てなかったことでポイントを取られ、苦しくしたかもしれないなぁ・・・。

3ウオーズ後手54歩


自陣の角があんまり働かなくて、つらい将棋になっています。

ただ、後手も角道を歩で止めたことで、お互いさまかな・・・?

これから挽回できるでしょうか?


89玉まで後手の玉を包囲する銀が〔王手銀取り〕。

焦ったかなぁ。

言い訳・・・(笑)











81竜だいぶ勝負になりましたかね?

この局面でいろいろ考えたいところですが・・・

残り時間が少なくなってきた~

〔7三飛〕も考えていたが、馬を抜く手順で、〔8三竜〕としたが・・・







時間切れ127手とうとう時間が切れた。













時計が切れて負けたが、結果はともかく、中・終盤に自分らしいものは見せることが出来たかな?



将棋ウオーズは3分、10分の切れ負け及び10秒将棋があるが、

時間配分及び序盤の作戦を考えないといけないなぁ(;゚Д゚)


「歩のない将棋は負け将棋」


次への課題がはっきり見えたことが収穫です。



機会があったら再戦したいね(^_-)-☆


前譜はこちらをクリック

【将棋の上達への道】
将棋の覚えたての方もいらっしゃると思いますので、敢えて説明しますが、将棋の上達法は、詰将棋をまず解くことから始め、書籍で戦法を学んだり、次の一手を考えることと思います。

詰将棋で言えば、

「玉を詰ますことが出来た」

という達成感や喜びを味わい、玉を詰ますまでのプロセスが自信につながり、詰将棋から発展して、

「良し!!次は実戦で」

という思いが高まってくるかと思います。

より将棋に興味が湧いてくることでしょう。



web拍手 by FC2


コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):