本日 54 人 - 昨日 372 人 - 累計 95818 人
サイトマップ

第8期加古川清流戦第2局

11キャプチャいらっしゃいょうもお越しくださり有難うございます。



  





ここで、加古川清流戦三番勝負の日程を確認します。
ご覧の通り、3番勝負故か、1日2局が予定されていますが、連勝した棋士が優勝ということになります。
既に、ご案内の通り第1局を勝利した大橋四段は連勝すれば優勝が決まる大舞台となります。

  第8期加古川清流戦3番勝負


開始日時:2018-10-20 10:00
棋戦:第8期加古川青流戦三番勝負 第2局
先手:大橋貴洸 四段
後手:梶浦宏孝 四段
場所:兵庫・鶴林寺
持ち時間:各1時間
消費時間
141▲60△60
戦型:換わりその他




加古川57手目92歩▶57手目☗92歩まで。
95歩から手筋の歩。
後手の金がうるさい気がするが・・・?












加古川58手目85歩打ち▶58手目☖85歩まで。
手堅いというのか、抑え込み?














加古川63手目81と▶63手目☗81とまで。
悩ましいねぇ。
後手は、飛車の取り合いはしないでしょうねぇ。













加古川77手目23角▶77手目☗23角
先手が王手金取りですが、どちらが優勢でしょう。
まだまだ、ねじり合いというか、しのぎ合いというのかわかりませんが、見るほうには面白い戦いになりました。




今後の展開は、次の棋譜ファイルで初手から終局までお楽しみ願えればと思います。


【棋譜ファイル】
初手から終局までお楽しみください。
▲大橋貴洸 四段 vs. ▽梶浦宏孝 四段




お見事でした。

9筋の手作りからの端攻めが興味深い面白い将棋でした。



大橋四段おめでとうございます





よかったら、こちらをポチッとお願いします。
 ↓ ↓ ↓


web拍手 by FC2


人気ブログランキング


最後までお目を通してくださり有難うございました。


関連記事
JT杯準決勝~菅井竜也vs丸山忠久~ (11月02日)
第60期王位戦予選~佐々木勇気六段~ (10月26日)
第8期加古川清流戦第2局 (10月22日)
第8期加古川清流戦3番勝負第1局 (10月21日)
門倉啓太五段 (10月20日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):