本日 240 人 - 昨日 318 人 - 累計 74707 人
サイトマップ

指導対局~飛車落ち・後編~

いらっしゃいきょうもお越しくださり有難うございます。









前回の記事【指導対局~飛車落ち・前編~】からの続きになります。
飛車・香落ちで気を良くした私は、谷川女流五段に今回、飛車落ちでご指導いただきました。

前編での棋譜を振り返りましょう。
33手目73歩上手73歩まで。
1 3四歩
2 7六歩
3 4四歩
4 5六歩
5 4二銀
6 5五歩
7 4三銀
8 6八銀
9 1四歩
10 5七銀
11 4二玉
12 5六銀
13 3二玉
14 6五銀
15 4二金
16 7五歩
17 7二金
18 7八飛
19 4五歩
20 4八玉
21 6二銀
22 5六銀
23 4四銀
24 3八玉
25 9四歩
26 9六歩
27 6四歩
28 7四歩
29 同 歩
30 同 飛
31 6三銀
32 7六飛
33 7三歩打(右図)



53手目65同歩53手目65同歩。
お互い、銀を手にしました。













54手目46飛54手目46飛。
上手の46歩を十字飛車で外すことができたのは大きかった。
少し形勢が良くなったかなという気がしてきたが・・・、










55手目44歩打ち55手目44歩打つ。















ここが難所・勝負所と思い、
「岐路だなぁ」

とつぶやく。

あなたの次の一手は?




56手目54歩56手目54歩
上手同銀は、44歩。
これから終盤戦へと進みます。
88角が不安定な点も解消されていきます。













今後の展開は、棋譜ファイルで、初手から終局までご覧いただけたら嬉しく思います(^^♪

【棋譜ファイル】






下手の〔14歩〕を見て、上手投了。

序盤から中盤へ差し掛かるところから未知の世界へ引きずり込まれましたが、何とか上手の玉を寄せ切ることが出来ました。

終局後、先生から「あなたは、(玉の)囲いがしっかりしている。途中、、あなたは岐路だなとつぶやいていましたが、その後の〔53銀〕は強いですね。二段はあるでしょう。」と聞かれ、

私は、「この道場では席主さんから二段と言われています。」と返事した。

谷川先生は、一手一手がすごく重く、鋭く感じて、いつどんな手が飛び出してくるか恐れていました。

かつて、多面指しで飛車落ちを教えていただいた際に、先生から頂戴した直筆の色紙「知足安分」を持参して、お見せしたら笑顔で懐かしく振り返っていました。

谷川先生ありがとうございました。
これで、満足しないで日々精進。

次の目標へ頑張りたいと思います。

ご感想などお気軽にお寄せいただけたら嬉しく思います。




web拍手 by FC2


人気ブログランキング


最後までお目を通してくださり有難うございました。


関連記事
指導対局~飛車落ち・後編~ (09月09日)
指導対局~飛車落ち・前編~ (09月08日)
指導対局~飛車・香落ち後編~ (08月23日)
指導対局~飛車・香落ち前編~ (08月22日)
実戦譜~飛車落ち~ (07月27日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):