本日 92 人 - 昨日 394 人 - 累計 85992 人
サイトマップ

四間飛車「次の一手で覚える」定跡コレクション

所司和晴先生の「次の一手」(以下の書籍)が図書館にあったので、
お借りして解いているところです。

本書は、振り飛車党の私にはピッタリ。

それも、1連の流れで先手側、後手側でそれぞれ問題が設定されて
いるので、理解しやすいと感じました。


所司先生の「駒落ち定跡」の本は定評があり、以前からお世話になって
いるところです。



プロとは目の付け所がやはり違う。


差し当たり、20問にチャレンジしました。

結果は以下の通り。



★4つの難問もあって、引き出しから知恵を絞ったり、首をひねったり、戸惑うばかり。

★一つでもアマには、序盤の一手にどちらを優先すべきか迷う手順もあって、悩まされます。

全体的には、成績は、わたし的にはまあまあといったところでしょうか。

とは言っても
詰将棋同様、「序盤」の作戦も将棋は記憶量の差が勝敗を決するのだろうなと、
今更ながら感じるところです。

 四間飛車成績20 


引き続き、精進を重ねていかねばと改めて感じているところです。

また、コンテンツに様々な角度から加えていきたいとも考えています。




web拍手 by FC2


人気ブログランキング


関連記事
懸賞問題~次の一手~ (10月08日)
棒銀高橋~飛車香落ち~ (09月30日)
懸賞問題~次の一手~ (08月17日)
将皇アプリ (08月15日)
飛車香落ち~指導対局~ (08月04日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):