本日 232 人 - 昨日 354 人 - 累計 56123 人
サイトマップ

速攻!!次の一手

きょうもお越しくださり有難うございます。

新年度も早や1週間過ぎました。

高校へ進学した藤井六段も1勝を挙げていますね。

6月から始まる順位戦C級1組の戦いぶりも楽しみなところです。


我々も先ずは1勝目指して、すでに1勝された方には連勝街道を突っ走ってもらいたいです。

さて、今回は羽生善治監修、日本将棋連盟発行の

速攻!!「次の一手基本集」

から、私が気に入った問題をご一緒に考えていきたいと思います。


何手か候補として浮かぶ手に迷わされた問題を取り上げています。


この本は、基本集とは言え、上級者向け、それ以上とも思える難題が揃っています。

そのワケは、正解率にあります。

70%~ 80%~という高い正解率もある一方、

30%~ 40%~という厳しい問題も掲載されています。

これは、週間将棋、将棋世界で「段・級認定『次の一手』」に挑戦された方の統計によるものだからです。

私の中では、かなりレベルが高い、かつ興味深い書籍と思っています。

これから、初段を目指す方には是非お手元に置かれることをお勧めします。


また、「次の一手」としては、森信雄著「詰めろ将棋」も興味深い本の一つです。



では、早速、その中から1問。


sokkou127☖59角成まで。
【持ち駒】先手:角  後手:なし。














     



【正解】☗84角

☗64歩や☗82角も考えられる手ではありますが、☗84角に後手の飛車が逃げれば、☗39飛車と馬の確保が狙いの一手。

絵文字三手1組の好手順

【三手の読み】とも言われます。


これは、かつて亡き原田泰夫が解説でよく話されていた名言で、

原田はこう指す

相手は次にこうくる

これに対し、原田はこう指す

というように三手一組の手順を易しく、わかりやすい表現にした言葉と思っています。

初心者の方が取り組む3手詰と同じ考え方です。


ちなみに、この問題の正解率は40%だったそうです。



web拍手 by FC2


人気ブログランキング


関連記事
詰将棋2題 (07月02日)
~羽生の次の一手~ (07月01日)
第66期王座戦挑戦者決定トーナメント~ベスト8~ (06月30日)
相振り飛車~序盤の一手~ (06月28日)
さばきの手筋~一瞬を見逃さない~ (06月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):